次世代の表面処理技術

皆さんはWPC処理ってどう思いますか?

(WPC処理)
WPC処理は金属母材の表面に母材の硬度と同等以上の硬度を有する40〜200μmのショットを噴射速度100m/sec以上で噴射し、母材の疲労強度向上と摺動性向上を目的とした表面加工熱処理法です。(加工屋さんの文面を抜粋)

すなわち、処理する母材の材質を細かく把握している事が前提です。
クランクやコンロッド、ギア等、熱処理の仕方や硬度が解らなければ意味が無いのです。
通常は20%位の強度アップと言われますが、材質把握をしていないと数%まで落ち込みます。
また、表面処理ですので、使用しているうちに効果は薄れてしまいます。

処理を過信して、壊してしまう方が結構居ますね、、。

【そこで朗報があります。】
続きを読む 次世代の表面処理技術

サイド専用、ワイヤー式リアブレーキキャリパー

現在、価格調整とストッピング性能(車検が通るレベル)を検証中。

もうしばらくお待ち下さい!

ドラムブレーキ車のディスク化車両やリアにビックキャリパーを装着した車両に最適!

(ジムカーナのサイドターンやドリフト走行中のサイドロックには使用出来ません)

p7260005.JPG

p7260007.JPG

JCCA 筑波ミーティングサマー

7月13日(日)筑波サーキットで行われた『JCCA 筑波ミーティングサマー』に行って来ました。

今回、BILSワンオフダンパーの装着 車は6台です。

まずは結果 から。

TS-1 クラス 優勝(81号車 スズバンビルズサニー)
TS-2 クラス 2位(44号車 ビルズ萬福BBCサニー)、3位(8号車 Bullets BILS サニー)
F-1 クラス 優勝(17号車 須田オートビルズサニー)

かなりの好成績です。

残念ながら9号車(OMV☆ビルズ☆テックスターレット)は、水のトラブルでリタイヤ。
18号車(光配管興業ビルズサニー)は入賞ならずでした。

朝から好天で、まさに猛暑でした。
人にも車にも 過酷な中、熱いレースが行われました。

吸入温度も 路面温度も相当上がってます。
セッティングやタイヤのエアー管理にも気を使いますね〜。

こうして結果を残してもらえると感無量です!

次は表彰台を独占と行きたい所です。
みなさん、宜しくお願い致します。

では、スナップ写真をどうぞ。
続きを読む JCCA 筑波ミーティングサマー

S31Z ボディー 仕上がり!

ボディーのセミレストアとロールケージの本溶接、補強が終了しました!

作業を行ってくれたのは『ボディーファクトリー・アクション』さんです。

アクションの社長は、元ダートトライアルの 全日本チャンピオンです。
鈑金塗装・ボディー補強はもちろん、走りでも相談に乗ってくれますよ!
キャラクターも愉快で面白いです。
遊びに行くだけでも楽しいですよ!!

補強もバッチリです。
(半分レストア状態ですみません、、。)
ポイントは、「なるべく軽く!高効率で!」です。
スポット追加、半自動追加、鉄板補強等を駆使して頂きました。
GOODな仕上がりです!

室内、エンジンルームの塗色は「レーシンググレー」です。

この色は、

「染まりが良い」(軽く出来る)

「汚れが目立つ」(トラブルの早期発見)

「追加塗装が楽」(補修や追加補強後に塗装し易い)

等のメリットがあります。

白でも良いのですが、天気が良い時に眩しいですからね。
この色がベターです!!

さて、ボディーもバッチリ仕上がり、来週からはエンジン製作とエンジン搭載に入ります。

一番時間がかかるパートですね。
こちらは、また追ってアップします。

では、入庫状態から仕上がり迄の写真を連続でどうぞ。

1.jpg
続きを読む S31Z ボディー 仕上がり!

ブレーキ キャリパー

現在、ブレーキキャリパーの販売準備をしています。

旧車やライトウェイトレーシングカー 向きの2POT & 4POT & 駐車ブレーキ付です。
年内に販売開始します!!

乞うご期待!

ーーーーーーーーーーーーーーー

詳細)

アルミ削り出し硬質アルマイト処理。
小型タイプは13インチホイール対応。
サイドブレーキは、500円玉サイズの駐車専用の機械式。
フロント用はラジアルマウントタイプ。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

まずは営業車のハチロクと現在製作中のゼットに装着します。

では、写真をどうぞ。
続きを読む ブレーキ キャリパー

S31Z ボディー進捗状況 2

ボディーの補強を進めると、やはり錆や腐りが顔を出して来ます。

補強する前に錆の修理も行って行きます。
アクションさん、すみません、、、お手数をお掛けします。

しかし、さすが プロ!
サクサクと鉄板を当てて補修が進んで行きます。

補強の方も同時進行で進んでいます。
まず、フレーム修正機に乗せて、全体のゆがみを測定します。
その状態で 修理と補強を行います。
補強する際も、前後左右のバランスを取りながら進めて行きます。
この辺りはプロの経験がものを言いますね〜。

今月の中旬辺りに仕上がる予定です。
では、画像をどうぞ。

p7010023.JPG

p7010028.JPG

フロントタワー廻り。
まだ途中です。
続きを読む S31Z ボディー進捗状況 2